2016年。GROMでホットなニュースがありました。

ホンダのレース部門”HRC”の主催による、
GROM(グロム)のワンメイクレース”HRC GROM CUP”開催決定!
それに伴い、競技エントリー対象のGROM(グロム)レースベースモデルも発売!
というなんともワクワクドキドキなニュースでした。
気になるレースベースモデルの販売方法は?
HRCから車両提供を受けるHRC認定のHRCサービスショップにて、
独自開発されたパーツを組み込み、コンプリート化してから販売するというもの。
なかなか限定された販売網です。
しかも各HRCサービスショップが独自開発ということは、
競技規則(レギュレーション)の縛りがあるとはいえ、
同じGROM(グロム)レースベースモデルでも購入時に違いがあるという事。
購入を希望するユーザーはサービスショップの選定から始まめないといけません。
市販車を購入する時のアプローチのそれとは変わってきます。
コンマ何秒の差で運命をわける世界でパフォーマンスを発揮しなければならない。
よりシビアなショップ選定が必要になりますね。
とは言っても、どうレースを楽しむかはそれぞれ。
それはストリートでもカスタムでも同じ事が言えると思います。
いずれにしてもGROM(グロム)に接すると楽しい事ばかり!

愛すべきクウォーター(125)

またまたGROM(グロム)愛が高まる下単屋です。
GROM HRC TSR
GROM HRC 3

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です