マフラーの選択に頭を悩ませるZ1Rオーナーは多いのでは?僕も例外ではありませんでした。

なんせ選択肢がない。ほんまにない。ノーマルが渋すぎる!

しっくりくるものがなければ創ればいい!これがモノ創りの原点です(笑)

ゲタヤの答えが、この”トーキョー鉄管ゲタヤZ1R手曲げ”

ん?吊りステー?Z1Z2系の流用とちゃうん?マフラーのステー位置合わんから吊ってるんやろ?

って思われた方。大当たり!いやいや違うんです!

確かにベースはトーキョー鉄管Z2初期型手曲げ。昭和アナログ機器さんの名作です。

しかーし!拘りのエッセンスが秘められています。

エキパイから集合部までは従来型を踏襲しつつも、そこから後部につながるピース寸法を変更し、

Z1Rのスタイリッシュな直線ラインにマッチするようにフィニッシュラインが低くなるように構築。

そして、一見、ただ吊っているだけに見える取付部にも拘りがあります!

マフラー側ステーを、タンデムステップの真下にくるように移動し、

ピース寸法変更で低く決まったラインを、ワンオフステーで受ける!

これにより、シートのラインとほぼ平行になり、低さが強調されています。

更に!従来型よりもマフラーエンドの長さを短くして全体のバランスをコンパクトにまとめました。

いやぁ。ほんまに渋い。

おっ!っと感じた全国のZ1Rオーナーの皆様。正解です(笑)。

レーサーライクな造り込みが多いZ1Rのカスタムにゲタヤからのご提案です。

ご予約承ります。是非お問い合わせ下さい!お待ちしております。

価格:120,000円(税抜)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です